Blog / ブログ

SNOW FOX SKINCAREで解決!フェノキシエタノールによる肌荒れへの対策
SNOW FOX SKINCAREで解決!フェノキシエタノールによる肌荒れへの対策 美しい肌は日々のケアから。しかし、スキンケア製品に含まれるフェノキシエタノールが肌荒れを引き起こすことがあります。SNOW FOX SKINCAREは、この問題に2016年の創業依頼、真摯に取り組み、肌に優しい成分で製品を作り上げています。 ー フェノキシエタノールの肌への影響 ー フェノキシエタノールは広く使用される保存料で、多くの化粧品やスキンケア製品に含まれています。保存料としては熱に強く、抗菌作用がしっかりしており、商品の品質を保つ事ができるゆえに、扱いやすく、多くのスキンケアやカラーコスメの商品に含まれています。しかし、この成分は、肌に赤みやかゆみ、湿疹などの刺激を与えることを懸念されています。特に、フィービーの酒さのような敏感肌の人々には、肌の刺激として深刻な影響を及ぼす可能性があります。 抗菌作用がしっかりしているということは、肌の常在菌に対しても強い影響を及ぼす可能性があると考えられており、最近の研究では、フェノキシエタノールが酒さや肌疾患を持つ人々に影響を与える可能性について議論され、これらの成分を避けることが推奨されています。 ー フェノキシエタノールで肌荒れを起こす原因 ー フェノキシエタノールが肌荒れを引き起こす主な理由は、その刺激性にあります。フェノキシエタノールは、特に敏感肌やアレルギー体質の人々にとって、肌の赤み、かゆみ、湿疹などの刺激症状を引き起こすことがあります。これは、フェノキシエタノールが肌のバリア機能を弱め、肌の自然な保護機能に影響を与えることによるものです。 さらに、一部の研究では、フェノキシエタノールが皮膚の細胞に対して軽度から中等度の毒性を示すことが指摘されています。これは、長期間にわたる使用や高濃度での使用によって、肌細胞がダメージを受ける可能性があることを意味します。そのため、特に肌が敏感な人々には、フェノキシエタノールを含む製品の使用が推奨されていません。 肌荒れの他にも、フェノキシエタノールは目や鼻の粘膜に刺激を与える可能性もあり、これが肌へのさらなる刺激を引き起こすこともあります。したがって、この成分を避けることは、敏感肌やアレルギー体質の人々にとって特に重要であり、より安全な代替成分を含む製品を選ぶことが推奨されています。 ー フェノキシエタノールフリーの重要性 ー フェノキシエタノールフリーの製品を選ぶことは、特に敏感肌やアレルギーを持つ人にとって重要です。SNOW FOX SKINCAREは、肌にやさしい代替成分を使用し、すべての人が安心して使用できる製品を提供しています。これにより、肌荒れやアレルギー反応のリスクを減らし、健康な肌状態を促進します。 ー SNOW FOX SKINCAREのコミットメントー 私たちはクリーンで倫理的な美容解決策を提供することにコミットしています。合成保存料、合成染料、合成香料、動物由来の脂肪、フェノキシエタノール、変性アルコール、フタル酸エステル、パラベン、ミネラルオイル、パーム油、SLS、DEA、MEA、PEGなどの成分を使用せず、肌に優しい自然由来の成分を選んでいます。 酒さを持つフィービーがありとあらゆるスキンケアを試し、どうして肌が荒れてしまうか自身の経験を元に研究し、ケミカルの防腐剤を全て排除したスキンケアの開発に辿り着いたからです。私たちの製品は、フェノキシエタノールだけでなく、パラベンやそれに類する防腐剤は一切使用していません。そのため、容器テストや充填作業の工場は完全無菌・医薬品レベルで製造しています。肌が荒れるトリガー要因を全て排除し、肌に自信を取り戻せるような成分の組み合わせにこだわり、SNOW FOX SKINCAREは開発、製造されています。 酒さは生涯治りません。フィービーは日々、酒さをコントロールするために、自身の肌のバリア機能の強化に努めています。そのため、SNOW FOX SKINCAREの商品はフェノキシエタノールを含まないだけではなく、バリア機能を強化できる成分をしっかり配合することに特化しています。荒れている肌はバリア機能が弱く、水分を保持できないのです。まずは肌のバリア機能を強化し、角質層が水分をしっかりと保持できるようにしてあげること、ここが商品開発のポイントとなっています。 フェノキシエタノールは多くのスキンケアやコスメに配合されてきましたが、長年、高濃度で防腐剤が入っていた商品を使い続けることで、年齢を重ねるごとに肌が荒れる原因になっている可能性もあると言われています。突然肌が荒れるようになった、長い間愛用していたスキンケアが急に、肌に合わなくなった、敏感肌用のスキンケアを使っても肌があれる、、そんな時は、成分をみて、防腐剤が高濃度で配合されていないか、ぜひチェックしてみてください。同時に、SNOW FOX SKINCAREを思い出してください。私たちはフェノキシエタノールによる肌荒れの問題に対して効果的な解決策を提供します。自然由来の成分と皮膚科学に基づいた原料をハイブリッド配合して完成させている商品でしっかりは肌をケアすることで、すべての肌タイプにとって共通の肌の保湿力・弾力・ツヤ・ハリにアプローチしていけると信じています。私たちの製品は、特に敏感肌や肌荒れが気になる方、そして年齢肌にお悩みの方で結果重視の方々におすすめです。 全てのSNOW FOX SKINCAREの商品ラインナップはこちらから。SNOW...
続きを読む
スキンケアの混合禁止ルール|安全な製品の組み合わせ方
🌿スキンケアの混合禁止ルール🌿 安全な製品の組み合わせ方 ー 異なるブランドを混ぜて使う際の注意点 ー お客様によくいただく質問で、 「いつも使っている化粧水とSNOW FOX SKINCAREのクリームを一緒に使っていいですか?」 「普段使っているスキンケアと混ぜて使ってもいいですか?」 といったお声があります。そういったご質問には、お客様のお使いの商品の成分なども関係してくるため、安易に大丈夫ですとはお伝えできません。異なるブランドの製品を組み合わせることで、肌が荒れてしまうこともあるのです。 では、どういったことに気をつけるといいのでしょうか? 今回のブログでは、組み合わせると良い成分、気をつけないといけない成分についてお話しします。 ー ナイアシンアミドとビタミンCの組み合わせの注意点 ー ナイアシンアミドは、肌のバリア機能を強化し、皮脂の過剰な分泌を抑える効果があります。また、肌の赤みや色素沈着を減少させ、均一な肌トーンを促進します。一方、ビタミンCは強力な抗酸化剤で、肌の明るさを高め、紫外線によるダメージから保護します。加えて、コラーゲンの生成を助け、しわやたるみの改善にも寄与します。これらの成分は、それぞれが肌に多大な利益をもたらしますが、一緒に使用する際は注意が必要です。 理由は、ナイアシンアミドとビタミンCは互いに反応しやすい性質を持っているためです。ビタミンC(特に高濃度のL-アスコルビン酸)は非常に反応性が高く、ナイアシンアミドと組み合わせると、肌のpHバランスを変化させ、赤みや刺激を引き起こす可能性があります。特に敏感肌の方は、これらの成分が含まれる製品を同時に使用する際には注意が必要です。 SNOW FOX SKINCAREのスノー メルト モイスチャー マットスキン セッティングパウダー とヴィーガン ノンシリコン ヘア & スカルプ セラム にはナイアシンアミドが配合されています。これらの商品を使われる際は、他社の製品でビタミンCが高濃度で配合されている化粧水やクリームの使用は避けていただけたらと思います。 スキンケアブランドとしてのこだわり SNOW FOX SKINCAREは安全でクリーンでありながらも、しっかりと効果を感じられる製品づくりにこだわっています。 ①成分のクリーンさ 無添加・無香料でEUが懸念し、禁止している1800近くもの成分を一切使用していません。 ②配合する美容成分の質の高さ最新の皮膚科学の研究に基づき、世界中から植物性の原料を探しまわり、同じ原料でもより品質がよい国やエリアから調達しています。 ③植物性でありながらも肌変化を体感できる商品力...
続きを読む
なぜ肌はエイジングするの? SAKEナイトクリームで若々しさを保てる秘密。
なぜ肌はエイジングするの? SAKEナイトクリームで若々しさを保てる秘密。 肌のエイジングの原因 肌のエイジングは自然な過程ですが、紫外線、環境汚染、ストレス、不適切なスキンケアなどがエイジングを加速させる要因の一つと言われています。適切なスキンケアができていない、過度なストレス・睡眠不足、そして紫外線を過剰に浴びるといった日頃のライフスタイルが肌のコラーゲンやエラスチンの分解を促進し、しわやたるみの原因を作り、エイジングを加速させるのです。 コラーゲンとエラスチンを守り、若々しい肌を保つには? コラーゲンとエラスチンを保護する重要性 コラーゲンは肌の弾力と構造を支える主要なタンパク質であり、エラスチンは肌の柔軟性を保つ役割を担います。加齢や外部環境によってこれらが減少または損傷すると、しわやたるみが生じるため、スキンケアに気を使い、ストレスのない生活をして、なるべく紫外線から肌を守る心がけが必要です。特に、紫外線を浴びるとネプライシンという酵素が発生し、その酵素は肌に弾力をもたらすエラスチンを分解してしまうのです。 コラーゲンを増やしエラスチンの分解を防ぐには? 1. 適切な栄養摂取:ビタミンCやアミノ酸が豊富な食品を摂取することが重要です。 2. 日焼け対策:紫外線はコラーゲンとエラスチンを損傷するため、日焼け止めの使用が必須です。 3. 良質なスキンケア製品の使用:肌の保湿と栄養供給がしっかりできる成分が入ったスキンケア選びが重要です。 SAKEナイトクリームの役割は? では、SNOW FOX SKINCAREのSAKE ナイト クリーム何がエイジングケアにすぐれているのでしょうか? SAKE ナイト クリームには日本の原料メーカーが特許を取得した水添レチノールが含まれています。水添レチノールは、紫外線を浴びることで生まれる酵素、ネプライシンを減少させ、活動を抑制させる効果があることが証明されました。 つまり、SAKE ナイト クリームを使うことで、シワの原因となる酵素の活動を阻害することができるのです。紫外線を浴びた夜は、しっかりとSAKEナイトクリームを使いたいですね。 さらには、水添レチノールでコラーゲンの生成を促進すると同時に、クリームに配合されている高品質のヒアルロン酸が肌を深いレベルで保湿します。コメ発酵液とグルコシルセラミドが肌のバリア機能を強化し、エラスチンの保護にも寄与します。SAKE ナイト クリームを使用するだけで、肌のエイジングケアにおいて長期で重要な役割を果たしてくれる可能性があるのです。 注目すべき成分をまとめました。     水添レチノール:  レチノールはコラーゲンの生成を促進し、肌の弾力性と強度を改善します。水添形式は肌への刺激が少なく、敏感肌にも安全です。     ヒアルロン酸ナトリウム:  ヒアルロン酸は肌の水分保持能力を高め、乾燥による細かい線の発生を防ぎます。    ...
続きを読む
自然な美容法で肌を若返らせる
自然な美容法で肌を若返らせる 〜ブルーベリーシードオイル&バクチオールと磁器カッサ〜 皮膚は私たちの体の鏡とも言える最大の器官です。健康と若々しい肌は適切なスキンケアと自然な美容法によって保たれます。今回は、新発売のハーバルユースフェイシャルボディーオイルとプレミアムフェイス&ボディ磁気カッサを特集し、肌の若返りと保湿の秘訣をお伝えします。 肌の基本知識とスキンケアの重要性 肌は外部の刺激や環境から私たちの体を守り、感覚を伝える役割を果たしています。肌の表面の細胞は約28日周期で自然に剥がれ、新しい細胞に置き換わります。しかし、年齢と共にこの再生プロセスは遅くなり、肌の乾燥やしわ、たるみが目立つようになります。肌の再生を自然に促し、美しく健康的な肌を保つためには、肌のターンオーバーをサポートする成分を含むスキンケア製品を選び、日々のスキンケアに取り入れることが重要です。 自然な美容成分バクチオールの力 最近では、レチノールがターンオーバーのサポート成分として注目されていますが、肌に反応しやすい人や、母乳で子育て中のママたちにはバクチオールがお勧めです。バクチオールはレチノールの自然な代替品で、抗エイジング効果をもたらし、コラーゲンの生産を刺激し、肌の弾力と柔らかさを向上させます。さらに、しわや細かい線を減少させ、肌の一般的な健康と若々しさをサポートします。 今回発売されたフェイス&ボディーオイルには、バクチオール以外にも多くの肌を美しく導く成分が含まれています。特に注目すべきは、エモリエント効果をもたらす成分です。エモリエント効果とは、肌に滑らかで柔らかな感触を与え、乾燥を防ぐ効果を指します。これにより、肌はふっくらとハリを持ち、健康な輝きを放つようになります。 スキンケアブランドとしてのこだわり SNOW FOX SKINCAREは安全でクリーンでありながらも、しっかりと効果を感じられる製品づくりにこだわっています。 ①成分のクリーンさ 無添加・無香料でEUが懸念し、禁止している1800近くもの成分を一切使用していません。 ②配合する美容成分の質の高さ最新の皮膚科学の研究に基づき、世界中から植物性の原料を探しまわり、同じ原料でもより品質がよい国やエリアから調達しています。 ③植物性でありながらも肌変化を体感できる商品力 どのような整肌成分も敏感肌の方が安心してお使いいただけるように敏感肌テストを徹底し、皮膚科医と共同開発しています。また、創業者のフィービー自身が、敏感肌であり「酒さ」といわれる皮膚炎を経験したことから、彼女自身もプロトタイプを何度もテスト使用し、問題ない製品だけが発売されます。 「ナチュラルでも、肌変化がなきゃ意味がない。」 私たちはそう考えています。 肌トラブルや敏感肌で悩んでいた方も、自分史上最高の肌を目指せる。そんなスキンケアブランドでありたいと思っています。 SNOW FOX SKINCAREの環境への取り組み SNOW FOX SKINCAREは、全ての製品の容器に100%再生可能なPET素材を使用しています。PET素材を使用することで、再利用やリサイクルが従来よりも簡単に省エネルギーで行うことができます。 それだけでなく、SNOW FOX SKINCAREでは全ての製品において、動物実験を行っておらず、植物由来成分のみを使用しています。 私たちは段階的にプラスチックの使用をやめ、生分解可能なパッケージへと転換しています。プラスチックは永久的に地球上に残り続け、現在では砂のように細かくなったプラスチック(マイクロプラスチック)が地球の豊かな自然に与える影響は大きくなっています。 SNOW FOX SKINCAREと共に、肌だけなく地球にやさしいスキンケアをはじめませんか。
続きを読む
バクチオールの効果やレチノールとの違いを徹底解説!次世代美容成分で透明感あふれる美肌へ
バクチオールの効果やレチノールとの違いを徹底解説! 次世代美容成分で透明感あふれる美肌へ 美肌を叶えるレチノールに続き、新たに注目されている「バクチオール」という成分についてご存知ですか?次世代レチノールとの呼び名も高いバクチオールは植物のマメ科の一部に含まれるビタミンAを主成分とするもので、年齢肌に対応できる素晴らしい成分として近年注目を集めています。 今回の記事では、バクチオールとは何か、レチノールとの違い、副作用など、基本的なことを説明します。次世代のスキンケア成分として、ぜひバクチオールを日々のスキンケアに取り入れてみてください。 バクチオールとは?天然成分の秘密 若々しく健やかな肌を叶える夢のような成分があるとすれば、誰もがスキンケアに取り入れたいはず。近年注目を浴びているバクチオールは、まさしく夢のような成分だと言えるでしょう。 バクチオールは、オランダビユという植物の種子から抽出されたビタミンAを主成分とする成分で、何世紀にもわたって、アーユルヴェーダや東洋医学の分野で愛されてきました。皮膚細胞のターンオーバーを改善し、コラーゲンの合成を促進して、より滑らかで輝きのある肌を実現するレチノイドやレチノールに代わる天然植物由来の成分です。 植物由来のバクチオールは肌に優しいので、レチノールを使用する際に現れるA反応(赤みや刺激)がほとんどなく、シワやたるみ、シミの改善に働きかけ、美しく滑らかな肌を実現する成分として期待されています。また、バクチオールの効果を実感するためには継続して使用することが大切だと言われています。 レチノールとの違いとバクチオールの特徴 レチノールとバクチオールは、共に年齢肌対策や美肌効果が期待される成分ですが、それぞれに特徴があります。まだ研究途中ではありますが、この章では現状で明らかにされているレチノールとバクチオールの違いについて解説をします。 レチノール: ビタミンAの一種であり、シワやシミの予防に効果がありますが、敏感肌の人には刺激が強いことが問題とされています。市販のレチノールクリームは刺激が強いものが大半のため、副作用に気をつけながら使用する必要があります。 レチノールについて詳しく知りたい方は、「レチノールで起こる肌荒れ「A反応」とは?敏感肌でも使えるレチノールクリームも紹介」という記事をお読みください。 バクチオール: 植物から採取される天然成分であり、レチノールと同じような効果を持ちながらも刺激が少なく、敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使用できます。また、抗酸化作用や炎症を抑える効果があるため、ニキビや肌荒れの改善にも期待できます。 敏感肌の人にとっては、レチノールに代わるより安全な代替品になる可能性があります。 バクチオールの副作用の可能性 バクチオールはレチノールの代替品として、より肌に優しく低刺激であると考えられていますが、特に初めて使用する際に、皮膚の赤み、乾燥、チクチク感などの過敏症のリスクがあります。つまり、肌がバクチオールに慣れるまでは、多少の刺激を感じることがあるかもしれないということです。 そのリスクを軽減するためには、最初は少量のみ使用し、ゆっくり量を増やしてください。最初の1週間は、1週間に2~3回までの塗布に留めることをおすすめします。 また、欧州医薬品庁(European Medicines Agency)のガイドラインでは、妊婦はレチノイド外用薬の使用を避けるよう勧告されています。これに関する臨床試験が行われていないため、バクチオールが安全な選択であるかどうかは不明確となっているので、もしも妊娠中でバクチオール製品の使用を検討している場合は、かかりつけの産婦人科医に相談してください。 どちらを使うべきか?自分に合った成分の選び方 バクチオールもレチノールもアンチエイジング成分であるため、どちらも年齢肌にとって嬉しい効果があります。しかし、敏感肌やニキビができやすい肌かどうかなどで、どちらを使うべきかが分かれます。 超敏感肌の人や成分の刺激を受けやすい人は、低刺激のレチノールクリームでない限り、最初からバクチオールを選ぶことをおすすめします。バクチオールの抗菌作用は、ニキビや脂性肌の人に最適で、抗炎症作用は敏感肌の人と相性がいいと、ニューヨークのシェイファー・クリニックの認定皮膚科医であるエンゲルマン医師は述べています。また、酒さやその他の皮膚炎、湿疹のある方で、肌がレチノールの刺激に耐えられないと感じる方にも、バクチオールは最適だと述べています。 バクチオール効果で美肌を手に入れよう バクチオールは天然由来の美容成分であり、エイジングケアやニキビ改善の効果を持ちながら、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使用できることが分かりました。 これまで、敏感肌に悩む人のスキンケアの選択肢は少なく、低刺激でしっかりとした効果を感じられるものを探すのは時間と労力がかかりました。しかし、画期的なバクチオールという成分を取り入れることで、肌変化を感じられるはずです。 ぜひ、バクチオールを含むスキンケアアイテムや化粧品を上手に取り入れ、美肌を手に入れてください。 お得な定期便 Subscription 定期購入なら初回はなんと30%OFFでその後もずっと15%OFFで購入が可能です。 おトクな定期便 Subscription 初めての定期便ご購入で 対象商品  30%OFF 2回目以降 全商品がずっと15%OFF*  ※他クーポンとの併用は不可...
続きを読む