敏感肌でもレチノールは使える?

注意点や正しい選び方を解説


「レチノール貯金」という言葉が浸透しているほど、スキンケアマニアの間では既に常識になっているレチノール。その高い効果が注目を浴びている一方、敏感肌には不向きなイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

実は、敏感肌の方でも問題なくレチノールを取り入れることができます。しかし、注意する点がいくつかあるので、この記事で詳しく解説をします。また、レチノールを使用する上で事前に知っておくべき注意点や副作用についても述べますので、レチノールの理解を深めて日頃のスキンケアに取り入れたい方は是非最後までお読みください。

レチノールとは

レチノールはビタミンAの一種で、2017年に厚労省が医薬部外品成分と認めた成分です。レチノールには約2,000種を越える誘導体がありますが、その誘導体の総称をレチノイド(retinoid)と言い、日本では「レチノール」「酢酸レチノール」「パルミチン酸レチノール」の3種類が認可されています。


サプリメントにも用いられるレチノールですが、一番身近な用途はスキンケアです。皮膚を柔軟にしたり、肌を引き締める効果があるため、シワの改善やアンチエイジング効果を期待できる成分として、日本でも広まりました。

あらゆる美肌作りの機能を発揮するレチノールの効果をさらに深堀りしていきましょう。

レチノールの主な働き

細胞のターンオーバーを促進し、なめらかで均一な肌になったり年齢肌ケアができるなど、レチノールはその多様にわたる効果が重宝されています。

レチノールが肌に働きかけるメカニズムはシンプルなものです。レチノールを構成する小さな分子が、表皮(皮膚の外側の層)の奥深くにある真皮に入り込みます。この中間層で、レチノールが線維芽細胞を刺激することでエラスチンとコラーゲンの生成を促進し、肌にハリを与えふっくらさせます。

人は年齢とともに皮膚細胞のターン オーバーとコラーゲンの生産が遅くなりますが、この働きによってレチノールは肌の保湿と弾力性を高める真皮のコラーゲン産生を増加させ、小じわやシワ改善、毛穴の縮小、日焼けによるシミ、肌の不均一な質感、肝斑やその他の色素沈着を改善するという年齢肌に嬉しい効果があります。
また、レチノールは肌表面の角質を除去する効果があり、肌のきめと色調を整えるのにも役立ちます。

レチノールの副作用

レチノールには多くの効果が期待できますが、副作用についても知っておく必要があります。副作用は敏感肌だけではなく全ての肌タイプの方に出る可能性があり、その症状は様々です。

主な症状として赤み、かゆみ、皮膚の剥離が挙げられます。これらの副作用を軽減するために、最初はレチノールを3日おきに使用し、肌の様子を見ることをおすすめします。また、副作用は時間と共に徐々に消えてゆく可能性が高いので、肌が適応するまでの時間を与えるようにするとトラブルを避けることができます。また、アトピーや乾燥肌の方は副作用が出やすいので、事前にパッチテストをすることをおすすめします。もしも肌荒れが長い間続くようであれば、皮膚科医に相談することをおすすめします。

レチノールは敏感肌でも使える?

失敗しない選び方

ここまでの解説でレチノールが美肌をもたらす素晴らしい成分だということが分かりましたが、どんな肌のタイプでも問題なく使えるのでしょうか。
前述のように、敏感肌もそうでない方も、レチノールを使用することで肌の赤みや乾燥、剥離などの症状が出る可能性があります。
しかし、敏感肌や肌が反応しやすい人がレチノールを使用できないということではありません。この章では、敏感肌の方のための正しいレチノールの選び方をご紹介します。

【敏感肌のためのレチノールの選び方】
①濃度が0.5%以下のものを選ぶ
まずはじめに、レチノールの濃度に注目しましょう。低濃度のものは刺激を抑えられ、敏感肌に最適です。特に初心者は、レチノールの配合率が0.5%未満のレチノールクリームを選びましょう。

②配合されている別の成分に注意
敏感肌の方がレチノールを選ぶ際は、レチノールの他に使用されている成分にも注意が必要です。中には合成界面活性剤が含まれている製品がありますが、刺激が強いため敏感肌にはおすすめできません。
他にも、グリコール酸や乳酸、ビタミンCを含むレチノール製品も刺激になり得るので避けるようにしましょう。鎮静作用があり、保湿力が高いヒアルロン酸やグリセリン、セラミドなどの成分を含む、低刺激のレチノールを選んでください。もちろん、肌に刺激を与えないように無添加であることも重要です。

敏感肌のためのレチノールの使い方と注意点

レチノールの正しい選び方を理解した上で知っておくべきことは、正しい使い方と注意点です。レチノールを取り入れたい敏感肌の方は、まずクオリティが高い低濃度レチノールを選び、週に2〜3回、夜のみに使用することから始めてください。

使用手順は、洗顔後に化粧水をなじませてから、適量のレチノールを塗布します。目や口周りは肌が薄くデリケートな箇所なので、心配な方は避けましょう。その後、美容液もしくはナイトクリームをお使いいただき、顔全体をしっかり保湿しましょう。レチノールは乾燥しやすいので、保湿は念入りに行うことがポイントです。

また注意点として、敏感肌の方に限らず、レチノールは夜のみの使用を推奨しています。レチノールは紫外線や熱で分解されやすいため、効果が薄くなってしまう場合があります。加えて、妊娠中の方はレチノールの使用を避けてください。

敏感肌の方は特に注意して使わなければいけないレチノールですが、SNOW FOX SKINCAREが採用している水添加レチノールは世の中に出回っているレチノールとは少し違います。では、どんな部分が違うのでしょうか?

SNOW FOX SKINCAREが採用した水添化レチノールの実力

日本の企業が開発した水添化レチノール。この魅力に少し迫ってみましょう。


実は、今市場に出回っている多くのレチノールはヨーロッパやアメリカで製造された物が主体です。価格もリーズナブルですので、多くのスキンケアブランドが採用しています。しかし、重度の敏感肌と酒さ様皮膚炎を持つSNOW FOX SKINCAREのCEOのフィービー・ソングは、どのレチノールを使っても肌が副反応を示したことを非常に懸念しました。ありとあらゆるレチノールを取り寄せ比較テストをし、唯一良い結果を出したのが、日本企業が特許を取得している水添化レチノールでした。


年齢とともに深くなるシワは皮膚の中でも真皮と呼ばれる層にあるエラスチンが分解されて支えがなくなることで発生します。言い換えれば、エラスチンを分解する要素をなくせばシワが減少するということになります。


エラスチンが分解される要素として注目したいのが、人体の酵素の一種であるネプリライシンです。ネプリライシンがエラスチンを分解するとエラスチンが減少すると考えられています。ネプリライシンはもともと人体に存在しますが、紫外線などの外的要因で増えていきます。


紫外線を浴びる→ネプリライシンが増加→エラスチンが分解→肌の加齢

このサイクルは避けられませんが、SNOW FOX SKINCAREが採用した水添化レチノールは、レチノールの中で唯一このネプリライシンの発生を抑制する効果を持っています。

若いうちから取り入れることで、ネプリライシンの発生を長期にわたり抑制することが期待できそうですね。


開発メーカー(日光ケミカルズ)の研究結果はこちら


では、実際に水添化レチノールを採用しているSNOW FOX SKINCAREのレチノールクリームはどのようなことが期待できるのでしょうか?

敏感肌に最適なSNOW FOX SKINCAREのレチノールクリーム

低刺激でクオリティが高いレチノールクリームを探すのは至難の業です。今や沢山の種類のレチノールが売られていますが、選び方を間違えると肌状態が悪化してしまう可能性もあります。

敏感肌の方に是非お試しいただきたいのが、SNOW FOX SKINCAREのSAKE ナイトクリームです。
Sale Off
SAKE ナイトクリーム (日本製レチノール配合)
9,900 円(税込)
日本製の水添化レチノールを採用しているSAKE ナイトクリームは、肌のバリア機能が弱く、これまでレチノールを使うのに躊躇していた方や、赤みや肌荒れに悩みながらもレチノールを取り入れたい方にも安心してお使いいただけます。

全ての肌タイプの方に適しており、成熟した肌、赤み、乾燥によるくすみや年齢肌に対してしっかりと対応できるクリームです。

SAKE ナイトクリームが敏感肌にぴったりな3つの理由

その①特許取得&日本製のレチノールを使用
SAKE ナイトクリームの開発にあたり、ありとあらゆるレチノールを世界中から取り寄せテストを重ねた結果、水素化され吸収が早く、副作用が少ない ※⽇本製・特許取得済のレチノールが肌への変化がより顕著であるという答えに辿り着きました。
また、0.3%の配合率は、敏感肌のみならずさまざまな肌タイプが結果を体感できるベストな配合量であることも結論付けました。
※水添化レチノール(P005-3318 日光ケミカルズ)

その②古くから親しまれている発酵由来成分を配合
日本酒の発酵液(酒麹)と酒粕の発酵成分に特許取得の日本製レチノールを組み合わせることで、肌環境を整え、肌トラブルに根本的に働きかける革新的なレチノールクリームが誕生しました。

【肌のコンディションを整えるコメ発酵液】
年齢肌に負けない健康的な皮膚マイクロバイオームを形成するための日本酒発酵液。酒発酵液により美肌菌が増え、肌フローラが整います。結果、肌に透明感とハリをもたらします。

【豊富な栄養素を多く含む酒麹エキス】
皮膚マイクロバイオームと肌のターンオーバーや透明感を引き出す日本産米酒エキス「酒粕」。酒粕にはシミの元となるメラニンの生成を抑えるコウジ酸や、保湿効果にすぐれたアミノ酸が含まれています。またお肌の調子を整えるビタミンB群も豊富に含まれています。

その③重度の肌疾患を持つCEOがこだわって開発
SNOW FOX SKINCAREの創始者フィービー・ソングは、⾃らが重度の肌疾患を患っている経験と、現在も過度な敏感肌であることから、自分の肌でトライ&エラーを繰り返して敏感肌に負担をかけない製品の開発を慎重に進めてきました。

その結果、低刺激なだけではなくしっかり効果を感じられるものとして、日本製のレチノールを取り入れました。また、敏感肌に刺激を与えないために、全ての製品で刺激になり得る以下の成分を一切使用していません。
合成保存料、合成着色料、合成香料、動物由来油脂、フェノキシエタノール、変性アルコール、フタル酸エステル、パラベン、ミネラルオイル、パームオイル、SLS、DEA、MEA、PEG

敏感肌のために開発されたハイクオリティなレチノールで、

もっと美しい肌へ

従来のレチノールクリームは、敏感肌の刺激になりやすいというデメリットが常にありました。実際に、レチノールが敏感肌の⽅の肌状態を悪化させてしまうケースはさまざまな場所で報告されています。「肌に合わなかった」「肌が余計荒れてしまった」という思いをしないためにも、この記事を参考に正しい知識を身につけて、安全にレチノールを取り入れましょう。

SAKE ナイトクリームは、クリーンで低刺激、敏感肌のみならずあらゆる肌質の⽅が安⼼してご使⽤いただけると同時に、肌荒れ・バリア機能の低下・年齢肌などの様々なお悩みにアプローチできるものです。

日本製のハイクオリティなレチノールを配合したSAKE ナイトクリームで、年齢に負けない健やかな肌を目指しましょう。

参考文献:

​​https://my.clevelandclinic.org/health/treatments/23293-retinol

https://www.healthline.com/health/beauty-skin-care/how-does-retinol-work

https://www.medicalnewstoday.com/articles/retinols

関連記事:

プレプロバイオティクスってどうお肌に良いの?

私たちの身体には、自身の細胞数よりも多くの細胞数の細菌が住みついており、「マイクロバイオーム」(細菌叢)と呼ばれています。腸内細菌叢には、ヒトの細胞数に近い約40兆個の細菌が存在し皮膚、口腔、鼻腔、膣などにも微生物が…

Snow Fox Skincareのこだわり成分

①アゼロイルジグリシンK

ニキビ菌や肌荒れ、吹き出物を抑えて、硬くなった角質を解消し、皮脂の分泌を抑え、メラニン色素の生成も抑える

こんな魔法みたいな美容成分が存在することをご存知…