肌に合った日焼け止めの選び方

肌に合った日焼け止めを選ぶために

太陽光による紫外線は、「酒さ」や「アトピー」などの様々な肌疾患や肌荒れに悩む方にとって、肌が炎症してしまうトリガーの一つです。紫外線を避けることは非常に重要ですが、スノーフォックススキンケアではUVクリームを発売していません。

理由は、現実問題として100%植物性で敏感肌にとって安心なUVクリームを開発することは非常に難しく、同時に紫外線をカットするクリームを肌に塗ること自体が、敏感肌の方にとって大変な負担になってしまうためです。

どんな日焼け止めも、2時間ごとに小さじいっぱい分ほどのクリームを塗り直さなければ紫外線を完全に防ぐことはできず、どのような商品を選んでも敏感肌の方の負担になることは避けられません。

ベストは、紫外線を浴びないように努力し、帽子やサングラス、長袖などで肌を保護する方法です。ただ、どうしても日焼け止めを使う場合は、なるべく肌への負担が少ない商品を使っていただきたいと思い、このブログを作成しました。

このブログが皆様の日焼け止め選びのお役に立てますよう、願っております。

紫外線吸収剤について


夏が近づくにつれ、本格的に紫外線対策を行う方も増える季節になってきました。紫外線を浴びると皮膚で活性酸素が生成され、肌はダメージを受けます。紫外線は肌の老化を促進させる要因のひとつと言われ、しみやくすみ、しわの原因となる重要な要素のひとつです。


日々の紫外線対策のために、日焼け止めをしようされる方も多くいらっしゃると思います。今回は、日焼け止めに含まれる「紫外線吸収剤」が肌に与える悪影響について、紹介します。

紫外線が肌に与える影響とは?

紫外線にはおもにUV-AとUV-B、UV-Cの3種類が存在します。UV-Aは波長が長く、地上の紫外線のほとんどを占めていると言われています。UV-Aは、肌が黒くなること・しわの深化を促進する影響があると言われています。皮膚の真皮まで届く紫外線です。特に海辺などに行ったあとに肌がすぐに黒くなる現象(サンタン)には、このUV-Aが強く影響しています。


UV-Bは、散乱性が高い紫外線です。肌の炎症やしみ・そばかすの生成を促す影響があると言われています。空気中の水分によって吸収されるものの、エネルギーが強いため身体のさまざまな場所に紫外線を与えます。強い日差しを浴びた後に肌が赤くなったり、しみやくすみの原因となるメラニンの生成を促進するのに大きな影響を与えています。


UV-Cは、一般的には地表には届かず、オゾン層で吸収されてしまうと言われています。


紫外線対策をしっかり行わないと、肌トラブルの原因や肌の老化が進行してしまい、すでにあるしみやしわをより深くしてしまう場合があるので、季節を問わず紫外線対策をしっかりと行うことが大切です。

「紫外線吸収剤」とは?

紫外線対策を行うのに必要なものとして、日傘やUVカット効果のある上着などがありますが、みなさんが一番使うものは、日焼け止め効果のある化粧品ではないでしょうか?日焼け止め化粧品には、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。


近年では、日焼け止めクリームだけでなく、セラム状、乳液、バータイプなど様々な形状の日焼け止めが発売されています。そのため、紫外線対策は以前よりもずっと身近なものになりつつあります。ですが、このような日焼け止め用の化粧品を使用する際に「紫外線吸収剤」に気を付けて製品を選ぶ必要があります。


「紫外線吸収剤」とは、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、オクトクリレン、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジンなどが主な成分です。特徴としては、「紫外線散乱剤」に比べて紫外線防止力が高いこと・肌に塗っても白浮きせず塗り心地がなめらかなこと・きしまないことが挙げられます。


この「紫外線吸収剤」は化学合成成分で、皮膚の上で化学反応が起こることで紫外線を熱として放出させる効果があります。高い紫外線防止効果を持つ反面、成分としての力も強いため、敏感肌やコンディションが悪い肌の上に乗せると、皮膚がかぶれたり肌トラブルの原因になってしまうことがあります。


もちろん、紫外線吸収剤よりも紫外線が肌に与える影響がより大きいので、紫外線吸収剤を完全に避けるよりも、使用するほうがずっといいことには変わりません。ですが、しっかりとした効果がある分、肌への負担も大きくなります。


そのため、普段は紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めを使用し、レジャーなどで強い日差しにあたる時間が多い日は紫外線吸収剤が含まれたものを使用するなど、使い分けることで肌トラブルを防げる可能性があります。


「紫外線吸収剤」は、海への影響も大きい?

私たちが普段、何気なく使用している「紫外線吸収剤」入りの日焼け止め製品は、実は海洋環境に悪影響を与えていることをご存知でしょうか?


私たちの肌でも、肌トラブルの原因となりうる紫外線吸収剤ですが、ハワイでは紫外線吸収剤入りの日焼け止めは2021年から販売禁止になっています。

紫外線吸収剤がサンゴ礁に非常に有害な成分であるということが研究結果で明らかになったことから、「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」の2つが使用できないことになりました。

また、他にもパラオやメキシコ、フロリダのキーウエストなどダイビングやレジャー観光で人気の場所でも、紫外線吸収剤を使用した日焼け止めの販売や使用が禁止されています。


現在、サンゴ礁の死滅が大きな問題となっています。サンゴ礁は、海洋生物の住処や産卵場所としての役割のほかに、海洋内のCO2濃度を調整する役割も担っていると言われています。サンゴ礁が死滅していくことで、海洋生物にとって敵から身を守る場所を失うだけでなく、生息する環境が大きく変わってしまう可能性があるのです。


それだけでなく、サンゴ礁は高波を防ぐ防波堤の役割を果たしたり、建材や肥料のもとになったりと私たちの生活にとても身近な存在なのです。


2019年にFDA(アメリカ食品医薬局)で認められた日焼け止め効果のある成分は、「酸化チタン」「二酸化チタン」の2つとされています。これらは、比較的皮膚や環境への影響が少ないと言われる「紫外線散乱剤」の成分です。


「紫外線散乱剤」は、肌への負担も少なく、小さい子どもでも使用できるほどの安全性を持つ成分ですが、落ちやすいというデメリットがあります。

そのため、敏感肌や肌トラブルに悩む方は、「紫外線吸収剤フリー」の日焼け止めを使用することをおすすめしますが、なるべくこまめに塗りなおすようにしましょう。


では、実際にどのような日焼け止めを選ぶ際に大切なポイントをご紹介します。

〈日焼け止めを選ぶときのポイント〉

•紫外線散乱剤の成分を選ぶ
酸化亜鉛、二酸化チタンのどちらか、もしくは両方を含んでいる日焼け止めで、紫外線吸収剤を含んでいないもの。

無香料と書いてある商品を選ばない
敏感肌や皮膚炎で悩む方にとって合成香料を使用していないことはとても重要です。しかし、無香料と書いてある商品は「原料の匂いを隠す目的で香料が入っていない」との意味で、香料が使われていないわけではありません。ラベルをしっかりと確認をする必要があります。

•UV-A光線とUV-B光線の2種類の紫外線(UV)を遮断する商品を選択
UV-A光線はしわ、しみの主な原因です。UV-Bは日焼けの原因です。その両方を遮断することが皮膚がんのリスクや肌の炎症のトリガーを防ぐ上でとても重要です。

•SPF30以上
あくまでも計算上ですが、SPF30の日焼け止めを使うと、通常よりも30倍長く太陽の下で日焼けせずに過ごせるという計算がSPFです。つまり、外で遊ぶと20分で日差しで焼けてしまう人が、日焼け止めを塗ると20分x30=600分間(10時間)の間日焼けせずに過ごすことができるというわけです。実際は2時間ごとに塗り直さなければいけませんので、この計算が正しいわけではありません。しかし、SPF30は肌を日焼けから一時的に保護するには十分な数値であると考えられています。

•ウォータープルーフ
水や汗に強くなければ、夏はすぐに日焼け止めは取れてしまいます。時折4時間ごとに塗り直すだけでいいと書いてある商品がありますが、そのような商品でも2時間でほとんどその効果は失われていると言われています。ましてやウォータープルーフでない商品は夏場であれば、ほぼ汗でその効果は予想より短く失われる可能性があります。ウォータープルーフの日焼け止めの成分としてはシリコーン(ジメチコン、オルシクロメチコン、シクロメチコン)を含むものを選びましょう。

日焼け止めを塗るだけでは、紫外線による肌への影響を完全に遮ることは、なかなか難しいものです。日差しをいつもより多く浴びた日は、帰宅後にすぐに洗顔して日焼け止めや皮脂などを洗い流したのち、シートマスクを使うことで、肌への紫外線ダメージを最小限に防ぐことができます。特に、スノーフォックススキンケアの「アークティックシリーズ」は、ほてった肌をクールダウンしてくれるので、日差しも強まり、肌の露出やレジャーの機会が増えるこれからの時期におすすめです。

Sale Off
クーリング セット フルサイズ
19,264 円(税込)18,000 円(税込)
今回は、日焼け止めに含まれる「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」や「肌に優しい日焼け止めを選ぶポイント」についてご紹介しました。普段あまり意識せずに使用する日焼け止め製品ですが、ご自身の肌状態や、使用する場所や目的に合わせて、成分を確認することで、肌トラブルを未然に防ぐことができます。


また、日焼け止めだけでなく、普段から自身の肌の状態やタイプに合わせたスキンケアを行うことで肌を健康な状態にしているかということも、肌トラブルをコントロールする上でとても重要なポイントになります。


それに加えて、環境にも優しい製品を選ぶことは、私たちの肌が健康になるだけでなく、人間を含めた地球上のすべてのいきものにとって住みやすい環境を取り戻していく力へと繋がっていきます。スノーフォックススキンケアと一緒に、地球環境を守る一歩を踏み出しましょう。

Snow Fox Skincareのこだわり

Snow Fox Skincareが特に優れていると自負しているポイントは3つあります。


①成分のクリーンさ

無添加・無香料でEUが懸念し、禁止している1800近くもの成分を一切使用していません。


②配合する美容成分の質の高さ
最新の皮膚科学の研究に基づき、世界中から植物性の原料を探しまわり、同じ原料でもより品質がよい国やエリアから調達しています。


③植物性でありながらも肌変化を体感できる商品力

どのような整肌成分も敏感肌の方が安心してお使いいただけるように敏感肌テストを徹底し、皮膚科医と共同開発しています。また、創業者のフィービー自身が、敏感肌であり「酒さ」といわれる皮膚炎を経験したことから、彼女自身もプロトタイプを何度もテスト使用し、問題ない製品だけが発売されます。


「ナチュラルでも肌変化がなきゃ意味がない。」
私たちはそう考えています。

肌トラブルや敏感肌で悩んでいた方も、自分史上最高の肌をSnow Fox Skincareと一緒に目指しませんか。

Snow Fox Skincareの取り組み

Snow Fox Skincareでは、全ての製品の容器に100%再生可能なPET素材を使用しています。PET素材を使用することで、再利用やリサイクルが従来よりも簡単に省エネルギーで行うことができます。


それだけでなく、Snow Fox Skincareでは全ての製品において、動物実験を行っておらず、植物由来成分のみを使用しています。シートマスクにおいては漂白剤を使用していないため、海洋環境への悪影響もありません。


私たちは段階的にプラスチックの使用をやめ、生分解可能なパッケージへと転換しています。プラスチックは永久的に地球上に残り続け、現在では砂のように細かくなったプラスチック(マイクロプラスチック)が地球の豊かな自然に与える影響は大きくなっています。


Snow Fox Skincareと共に、肌だけなく地球にやさしいスキンケアをはじめませんか。