敏感肌でも安心。

シートマスクの選び方と避けるべき成分


敏感肌の方にとって、シートマスク選びは慎重にしなければいけません。肌の悩みを改善したり美容効果を引き出すことができるシートマスクは、選び方を間違えると逆効果になってしまうことがあります。


今回の記事では、シートマスクを使いたいけど、肌への刺激は避けたい方のために、敏感肌のためのシートマスク選びのポイントを解説します。低刺激のシートマスクを選び、トラブルのない肌を目指しましょう。

まずは成分をチェック!

肌への刺激を防ぐ重要な要素


敏感肌に悩む方の中には、シートマスクが原因で肌が荒れてしまうことがあるのではないでしょうか。成分が肌に過剰反応してしまったり、中にはシートの素材が原因で肌が敏感になってしまうこともあります。


肌への刺激を防ぐためには、まず成分に着目することが重要です。敏感肌の方は、特に無香料・無着色・アルコールフリーなど肌への刺激が少ない商品を選ぶことが大切です。

また、シートマスクのスキンケア成分に、肌荒れや乾燥を改善し、肌のバリア機能をサポートする効果があるヒアルロン酸が配合されているものを選びましょう。


またセラミドは、肌を保湿するのに有効な成分として有効です。肌のバリア機能を強化し、外部刺激から肌を守る役割があります。他にも、アロエエキスなどの敏感肌に優しい植物性(ヴィーガン)の成分もおすすめです。


更に重要なのは、肌に負担を与える恐れのある成分が配合されたシートマスクは避けるべきです。 パラベン、アルコール、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料、鉱物油といった添加物が含まれていないものを選びましょう。

敏感肌に最適なシートマスク

SNOW FOX SKINCAREの高機能シートマスクは、保湿成分を配合しながら、肌の刺激になる成分を極力含まない、理想のシートマスクです。全5種類のシートマスクは、酒さ様皮膚炎を患う創業者のフィービー・ソングがトライ&エラーを繰り返し、理想の配合にたどり着きました。


まずご紹介したいのが、発酵成分を豊富に含むSAKEマスクです。プレ・プロバイオティクスを合計5種類含み、ヒトが持つ常在菌に働きかけます。常在菌のエサとなる菌を肌表面に届けることで、肌のマイクロバイオーム(常在菌の集合体)に働きかけ、バリア機能を高めて健やかな肌の基盤作りをサポートします。

Sale Off
SAKE マスク(1箱5枚入)
7,480 円(税込)7,480 円(税込)


次におすすめなのが、アゼライン酸の誘導体「アゼロイルジグリシンK」を配合したホットストーン マスクです。アゼロイルグリシンKは皮脂分泌のコントロールに優れた成分であることから、油分が原因で起こるニキビにお悩みの方や、肌のくすみや毛穴が気になる方にもおすすめです。


アゼロイルジグリシンKについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をお読みください。

「アゼロイルジグリシンK」とは?期待できる効果やアゼライン酸との関係を解説

Sale Off
ホットストーン マスク(1箱5枚入)
7,480 円(税込)7,480 円(税込)

SNOW FOX SKINCAREのシートマスクは、全て植物性由来(非動物性)の原料を使用したヴィーガン処方で、合成保存料・合成着色料・合成香料は一切入っていません。また、変性アルコールや、スキンケア製品によく使用されているパラベンやフェノキシエタノールなどの保存料も含まれていません。創業者のフィービー・ソングは、敏感肌でも使えるハイレベルなシートマスクを開発するため、刺激となる成分を排除し、低刺激でありながらしっかりとした効果を感じられる理想のシートマスクを完成させました。


また、全てのシートマスクはイタリア産の無漂白のオーガニックコットンを使用しています。化学繊維でできたシートは敏感肌の大敵なので、肌の刺激にならないように、これ以上ないほど上質なコットンを採用しました。ふっくらと厚みのあるシートに染み込んだ美容液が、肌に潤いを与えます。

シートマスクの正しい使い方と

効果的なケア方法

シートマスクは、美容効果が高く、手軽にスキンケアができるアイテムとして人気です。しかし、シートマスクの正しい使い方や効果的なケア方法を知らないと、肌に悩みや肌荒れを引き起こす可能性があります。


この章では、洗顔後の準備やシートマスクの貼り方、使用時間や適切なケア方法について詳しく解説します。これらのポイントを押さえることで、シートマスクの美容効果を最大限に引き出すことができます。

洗顔後の準備:

シートマスク前のスキンケアのポイント


シートマスク前のスキンケアは、洗顔後の肌を整えるために非常に重要です。まず、洗顔後はすぐに化粧水や保湿成分が配合された乳液を使用して、肌を保湿してください。肌が乾燥していると、シートマスクの美容成分が肌の奥まで浸透しにくくなります。


また、ニキビや毛穴の悩みがある場合は、角質ケアや毛穴ケアのクリームを使用して、肌の調子を整えましょう。これにより、シートマスクの密着度が高まり、効果的なスキンケアが可能になります。

シートマスクの使い方:

効果を最大限に引き出す方法

シートマスクを顔に密着させる前に、シートを広げてから顔の凹凸に合わせて折り目をつけておくことで、フィット感が高まります。次に、シートマスクを顔に貼り付ける際は、目と口の位置を確認しながら、真ん中から両サイドに向かって広げ、顔全体に密着させましょう。最後に、シートマスクが微妙に浮いている部分があれば、指で押さえて密着させることで、美容成分の浸透がより効果的になります。

また、余った美容液は首やデコルテに馴染ませましょう。


また、シートマスクをつけている間に、フェイシャルローラーで顔のマッサージをするのもおすすめです。肌の上を滑らかに転がし、肌の引き締め効果が期待できます。

Sale Off
プレミアム FOX ローズ クォーツ フェイシャル ローラー
6,820 円(税込)6,820 円(税込)

シートマスクの使用時間と回数

シートマスクの使用時間は、適切にしましょう。一般的には、シートマスクは1日に1回、15~20分程度を目安に使用することが推奨されています。


シートマスクが乾いてしまうと、逆に乾燥肌を招くことになります。適切な使用時間と期間を守ることで、シートマスクの美容効果を最大限に引き出し、肌トラブルを防ぐことができます。


また、シートマスクの適切な使用回数は、肌の状態や悩みによって異なります。乾燥が気になる場合や、肌のハリが低下していると感じる場合は、週に2~3回の使用がおすすめです。肌の状態に応じて適切な回数を見極めてください。

アレルギーやトラブルの対処方法

感肌の方は、シートマスクの成分によって肌荒れや赤みなどの炎症を起こすことがあります。そのため、事前にパッチテストを実施することでリスクを回避できます。パッチテストは、マスクの化粧水や美容液を少量手に取り、耳の裏や顔の一部に塗布して様子を見る方法です。


赤みやかゆみ、腫れなどの症状が出ないか確認し、問題がなければ使用しても大丈夫です。また、使用中に肌に違和感を感じた場合は、すぐに洗い流し、肌を冷やすことで症状を抑えることが可能です。


シートマスク使用後に肌荒れやニキビができた場合の対処法としては、まず使用を中止し、刺激の少ないスキンケアに切り替えましょう。また、ニキビには抗菌作用があるクリームや乳液を使用し、肌荒れが気になる場合は保湿成分が豊富なクリームや乳液で潤いを補給することが重要です。

敏感肌の方は、定期的に肌の状態をチェックして、適切な対策を行いましょう。

敏感肌でもシートマスクを楽しもう


敏感肌の方にとって、シートマスクは美容ケアの一つでありつつも、肌に刺激を与えずに使用できるかが一番の悩みです。しかし、適切な成分やブランドを選ぶことで、安心して肌ケアを楽しむことができます。


SNOW FOX SKINCAREは、シートマスクだけではなく、全ての製品に肌の刺激になり得る以下の成分を使用していません。

合成保存料、合成着色料、合成香料、動物由来油脂、フェノキシエタノール、変性アルコール、フタル酸エステル、パラベン、ミネラルオイル、パームオイル、SLS、DEA、MEA、PEG

また、EUで禁止されている1,400の成分やEUで懸念されている400近い成分、及び以下のような刺激物を使用していません。

クリーンな成分にこだわり、低刺激であると同時に肌変化を感じられるシートマスクは、世界16カ国で愛されています。


スキンケアは毎日コツコツ続けることが大切です。ぜひ、敏感肌にも優しいシートマスクを活用して、健やかで美しい肌を目指しましょう。


お得な定期便

Subscription

定期購入なら初回はなんと30%OFFでその後もずっと15%OFFで購入が可能です。

おトクな定期便

Subscription

初めての定期便ご購入で

対象商品 

30%OFF

2回目以降

全商品がずっと15%OFF*

 ※他クーポンとの併用は不可

定期購入なら

毎回

送料無料

※1 定期便は最低3ヶ月からのご契約となります 

※2 配送間隔は最長3ヶ月先まで設定いただけます。

参考記事:

https://www.webmd.com/beauty/features/how-to-choose-facial-mask#:~:text=You%20should%20always%20look%20for,Dry%20skin.

https://www.americanspa.com/skincare/14-effective-ingredients-treating-sensitive-skin


関連記事:

「アゼロイルジグリシンK」とは?

期待できる効果やアゼライン酸との関係を解説

ニキビや肌荒れを抑え、メラニン色素の生成も抑える。こんな魔法みたいな美容成分が存在する

「パームフリー」とは?

身体にも環境にも悪影響を及ぼすパーム油の実態

パーム油は、コスメや化粧品、食品など、世界で最も多く使用されている植物油です。植物油と聞く…