製品開発への道のり 【オメガリペアクリーム①】

 製品開発への道のり -オメガ リペア クリーム


食品の中からオメガ(必要脂肪酸)を摂取することが、体に良い事をご存知の方は多いと思います。
世界的に認められている栄養学の研究によると、オメガを多く含む食べ物(魚、緑色食品、ナッツ)には身体のエネルギー源としての役割と、身体の組織を正常に機能させる役割を持っています。

では、肌に直接塗ることで、どのように肌に影響を与えるのでしょうか?


この正しい答えを見つけるための道のりはとても険しいものでした。


肌荒れとの戦い

長年、肌荒れに悩み多くの専門家に通っていた頃、フィービーの肌の健康状態は本当にひどいものでした。
肌は本来、外気から体内を守るバリア機能、皮脂や汗を分泌して老廃物を排出する機能、体温を一定に保つ機能、触・圧・痛・温・冷などの感覚を伝える機能など、身体を正常な状態に保つ上で大切な働きをしています。

しかし、当時の彼女の肌は、水分や油分をバランスよく補うことができずにバリア機能や排出機能が正常に働いていませんでした。肌荒れがひどく、時には夜寝ている間に肌を自分で傷つけていることもありました。
色々試してみましたが、一向に満足できず、彼女はどうやったら肌のコンディションが良くなり、健康的な肌を手に入れることができるのか、その答えを探すのに必死でした。


複数の専門家に相談していくうちに、彼女の肌は水分や油分をバランスよく補う機能がうまく働いていないというよりも、その状態を保つことが難しいということがわかりました。
さらには、肌本来のもつバリア機能を改善していくことよりも、肌荒れを和らげる方が簡単であることもわかってきました。

フィービーが訪れた専門家の方々は、彼女の肌のバリア機能が弱いことが発端となり、様々な刺激に敏感に反応していることで肌荒れがおきていると説明してくれました。
しかしながら、処方されたステロイドなどの医薬系のクリームは一時的な改善にはなりましたが、彼女の腸を不健康にし、さらには使うのをやめた途端に肌荒れの症状が戻り、前と同じ状態になりました。

肌荒れを一時的に落ち着かせる方法を探すよりも、肌荒れの根本的な原因をみつけだし、長期的に向き合っていくことが不可欠だと彼女は結論つけました。

オメガクリームの開発開始

 当初、オメガ リペア クリームのプロトタイプは、スノーフォックススキンケアの現在のパートナーである科学者が、フィービーの肌の症状を哀れに思い少しでも症状の改善になるようにと試験的に作ったラベルのないボトルでした。


台湾人の科学者である彼女は、伝統的な中国医学や和漢成分を研究してきたので、ハーブに精通しており、また過去に出会ってきた薬学系の科学者の中では、最も視野が広く知識が豊富でした。彼女は、肌が生まれながらにもっている防衛機能、バリア機能を高める事に重点を置くことが私の肌の問題を解決する鍵だと断言し、フィービーはオメガ リペア クリームの開発に踏み切りました。


 フィービーと科学者はほんのわずかな肌の機能の違いに対して必要な役割を果たすハーブを世界中から探し出し、それを正しい成分配合で調合することでようやく開発に漕ぎ着けたのです。


創業時から変わらない不動の人気を誇り、スノーフォックススキンケアの哲学において理想的な美容クリームであると同時に、Snow Fox Skincareが一般の消費者を対象に正規の機関を通して臨床試験を行った最初の製品でもあります。


肌のバリア機能と脂肪酸(オメガ)

では、私たちの肌がもっているバリア機能とはなんでしょうか?


実は、肌本来が持っているバリアは脂肪酸(オメガ)、脂質、油分によって構成されています。

その中でも脂肪酸が肌のバリアとして果たす役割は大きく、肌表面の水分損失を抑え、外界から肌を守る抗菌の盾になることです。


そして、そのバリアが崩れた時、私たちが脂肪酸を摂取したり、肌に直接塗ることで必要な栄養が補充され、肌のコンディションを整えることが理論上できると考えられます。

科学者の彼女はクリームに脂肪酸を配合することで私の肌が肌本来の機能を取り戻すことができるのでは、と考えたのです。


では、その成分の役割について少し詳しく見ていきましょう。

マカデミア種子油

オーストラリア産マカデミア種子油の中から発見された、希少なモノ不飽和脂肪酸、オメガ7は、ヒト皮脂の脂肪酸組成に類似しているため、皮膚の角質層まで浸透しやすく、肌が本来持つコンディション良くする効用を期待できることがわかり、私たちはマカデミア種子油をクリームに配合しました。


以前、フィービーは皮膚科医から処方された重めのクリームによって吹き出物ができてしまった経験があります。なので、当初は油性クリームを肌に塗ることに抵抗を感じていましたが、プロトタイプを使ってみると、このクリームはシルクのように滑らかで軽い肌触りでした。

セイヨウハッカ油

肌荒れや赤ら顔を防ぐため、リフレッシュ作用や鎮痛作用、抗菌作用などが期待できるセイヨウハッカ油を配合しました。これが、時々オメガクリームの使用で肌にピリピリを感じると言われる方の原因となっている原料です。

しかし、オメガクリームが肌荒れと戦うためには必要不可欠な成分であることと、ピリピリは悪さをせず、ただ敏感な部分を使用した方にお知らせしてくれるものであることから、オメガクリームに配合されています。

エゾウコギ根エキス

高濃度エゾウコギ根エキス(100年前から中国、韓国、日本に伝わる秘草)をクリームに加えた時、私たちは香りに対して不安を持ちました。

フィービーは子供の頃、よかれと思った祖父母から、エゾウコギ根が入ったスープを強制的に飲まされたことがあり、ひどく苦く、土っぽい味がして、臭いもキツかったという嫌な思い出があります。


しかし、科学者からエゾウコギ根の持つ肌荒れを防ぐ効果と赤ら顔に対する整肌効果の説明を聞き彼女は納得しました。

見た目の変化で実感

科学者の彼女と一緒に仕事を始めた頃、創業者は肌荒れが原因で、自分の肌が気になりしょっちゅう顔を触る癖をもっており、肌荒れの跡が残っていました。


長年肌荒れした肌はスムーズではなく、ある特別なタイプに分類されており(薬事の関係上病名は伏せさせていただきます)赤く凹凸がある状態でした。

ところが、プロトタイプを使用して1ヶ月後から、肌荒れの状態に変化がみられました。そのうれしい変化が確信に変わったのは3ヶ月後です。


あれから数年が経ち、肌荒れは落ち着き、肌の本来の機能を取り戻すことができたフィービーは、肌がスベスベになり、自信をまた取り戻しました。

創業者本人の肌改善過程

臨床試験

興味深いことに私たちの臨床調査では、製品を使い始めて28日間後、ほぼ全ての対象者が、製品の使用後の肌環境の変化に満足し、肌が目に見えて健康になってたと感じるという結果が出ました。

初期の研究結果から、オメガ リペア クリームを塗ることが、紫外線による乾燥、ダメージを受けた肌の肌環境の向上をもたらすことがわかり、明るく、透明感のあるお肌に整えることも分かりました。


赤ら顔、肌荒れ、乾燥、乾燥による肌トラブルに悩まされている方は、脂肪酸を肌に塗ることで、自身の理想的な状態へ肌を導くことができるかもしれません。


また、肌トラブルにお悩みの方で、どの製品を使ったらいいかわからない方は、気軽にお問い合わせください。

support@snowfoxskincare.co.jp
Sale Off
オメガ リペア クリーム 50ml
8,168 円(税込)