マスクの着用と肌トラブルの話。私のお肌のためにできること。

マスクの着用と肌トラブルの話。

私のお肌のためにできること。


マスクの着用と肌トラブルの話。

私のお肌のためにできること。

コロナの影響により、こんなにも長期に渡りマスクを着用することは、初めてである方がほとんどではないでしょうか?


この影響で、急激に増えているといわれる肌荒れ・ニキビ・赤み・かゆみなどの肌トラブル。


つけない選択をすることも一つですが、つける選択をする場合や、つけなければならない状況になることもまだまだ少なくないはず。


今回は、そんなマスク着用により実際に起きる肌トラブルとその原因、そして予防・対策についてSnow Fox Japan アンバサダーのUlalaがお話しします。

どうして起こるの?マスク着用により増える肌トラブル。

まずは原因を知ろう。

■肌荒れやかぶれを引き起こす、マスクと肌の摩擦


マスクを着用して話したり、顔の表情筋が動くことで生じる接触部分の摩擦は、肌に物理的な刺激を与え、肌荒れやかぶれを引き起こすことがあります。


普段お肌を刺激から守ってくれている「角質」が、毎日同じ位置に接触するマスクの摩擦により少しずつ削られてしまうことが1つの原因だそう。


筆者もマスクをしたまま笑ったり話したりすることで、どうしても動いてしまうマスクの摩擦により、よくマスクの恥が触れる頬の部分が擦れてヒリヒリとかぶれてしまったことがあります。さらに汗をかきやすいこの季節は、かぶれや肌あれがひどくなってしまうこともあるのでで気を付けたいですね。

■高い湿度と温度は肌荒れやニキビを引き起こす?


マスク内の温度と湿度の上昇により、汗や皮脂の分泌が気になる方も少なくないのではないでしょうか?


この汗や皮脂の分泌ですが、これらを栄養源とする雑菌が繁殖やすくなり、お肌がニキビのできやすい状態なってしまうのです。

また、夏場は熱中症対策として、場所によってはマスクを外すことが勧められることがあります。


しかし、このマスクの脱着を繰り返すということも、部分的に入浴、湯上りを繰り返すことになり、肌に負担をかけ肌荒れの原因になるのだといいます。


マスクの必要性に関しては様々な議論がありますが、まだ外すことが難しい場面も多いと思います。

では、このような肌トラブルを防ぐために私たちができることは何でしょうか?

■マスクで保湿ができるは嘘?実は「乾燥」で悩む人が増えている


マスクをしていれば肌が保湿できる、と聞いたことがある人も少なくないのではないでしょうか?実はそれは大きな間違え。

実際は、乾燥肌の原因になっていることが多いのです。


例えば、一般的な使い捨ての不織布マスク。あまり通気性が良くないため、自分の口から出る息によって常に加温、加湿の状態となります。


その結果、肌温度が約1℃ほど高くなり、この肌温度の上昇により、肌のバリア機能に重要な皮膚内部の水分を蒸発させてしまいます。

この現象が乾燥を引き起こす言われています。またこの様に、肌のバリアが弱くなった皮膚は、カサカサやヒリヒリとした炎症を起こしやすくなるそう。

肌トラブルを防ぐためには?お肌のためにしたい4つのこと。


①マスクを選ぼう

マスクの素材によって肌への負担が異なることは皆さんもご存じかもしれませんが、マスクの素材選びはとても大切


中でも肌を傷つけやすいマスクは不織布タイプのマスクだと言われているため、不織布タイプ以外の布マスク(綿100%、ガーゼ、横織の手ぬぐい、シルクなど)を選ぶことで肌への負担を減らすことができるかもしれません。


もし、不織布タイプを使用する場合も、肌とマスクの間にガーゼなどをはさむことで不織布が当たらないような対策をすることができますね。


そしてもう一つ大切なのは、自分の顔のサイズにあったマスクを選ぶことです。顔にフィットしていないと、マスクがずれ、摩擦を起こしやすくなってしまいます。


顔にフィットするように出来ている立体的なものを使ってみるのもよいですね!


外す際も、引っ張り外すのではなく、マスクを両手で持ち肌と摩擦が起きないようそっと外しましょう。


②適切な洗浄をしよう

マスク内は、水蒸気、汗、皮脂、などが混在します。

そんなお肌はぜひ適度に洗顔してあげてください。


しかし、ゴシゴシと強く洗いすぎることは禁物。

逆に肌に負担をかけてしまいます。

低刺激な石鹸などを泡立て、優しく洗ってお肌を優しく清潔に保ちましょう。


筆者は、泡立てる手間が省けて低刺激なクーリング フォーム クレンザーを使って肌トラブル予防をしています。


そして、洗った後はタオルでゴシゴシ拭くのではなく、優しく拭きとってあげましょう。


③保湿も忘れずに

湿度や温度の高いマスク内の環境は乾燥肌の原因になりやすいことをお話ししました。

そんなお肌に、是非しっかり保湿もしてあげましょう。


また、マスクの着用により肌が傷ついたり、敏感になっていることもあるので、市販のスキンケアを選ぶ際は、洗顔と同じくお肌への刺激が少ないものを選ぶようにしましょう。


筆者は、日焼けやマスクによる傷を伴う夏の肌にあまり複雑なものを乗せたくないはないので、全て植物性の成分で超敏感肌にもつかえるハーバル ユース ロータス トニックで日々の保湿をしています。


また、週に1~2回はひんやりシートマスク(アークティック ブリーズ レスキュー マスク)で集中保湿ケアするようにしています。

④生活習慣にも目を向けよう

肌の上からのケアはもちろん大切ですが、内側からのケアも欠かせません。まず、気を付けたいのは食生活


夏バテであまり食が進まず、食が偏ったり、十分な栄養がとれないことなども肌トラブルに繋がる要因です。


例えば、ビタミン・ミネラルといった栄養素が詰まっている夏の旬野菜や果物を積極的にとってみたり、漬物・納豆・キノコなどの発酵食品をとることも美肌効果に役立つそう。


そして食生活に並び大切なのは睡眠です。

良質な睡眠をとることは、からだの健康やお肌によいことは誰もが知っているかもしれせん。


睡眠をとり、からだを休めることで肌のターンオーバー(新陳代謝)を促すことできるのだそう。


そして、上記したバランスのとれた食生活を送ることで、睡眠をより上質なものへ導くことができます。


筆者の私は犬の散歩は人通りの少ない時間にしたり、できるかぎり人通りの少ない道を選ぶなどをして、

できるかぎりマスクをつけないで過ごせるよう時と場所を選んで生活していますが、

完全にマスク無しの生活がくるのは少し先になりそうな気もします。


自分にあったマスクやスキンケアを選びながら、肌の負担を少しでも減らしていきましょう!