朝起きたら肌がオイリー!でも夜は乾燥肌に。その原因は?


朝起きたら肌がオイリー!でも夜は乾燥肌に。その原因は?

1日を通して肌の状態は変化しますが、朝起きた時の肌が脂っぽくオイリーで、夜は乾燥しがちという人も多いのではないでしょうか。その理由は、「水分量」の変化に大きく関係しています。肌は、脱水から身を守るために油分を分泌し、皮膚から失われる水分の量を抑えていますが、オイリー肌、乾燥肌、混合肌のいずれのタイプでも、極度な肌の脂っぽさは水分の損失によるものです。

油分を生むことは正常な機能ですが、夜間や睡眠中に皮脂腺が過剰に働くのを防ぐことはできます。今回は、肌が脂っぽくなる原因と、夜間の皮脂分泌を抑える方法、適切なスキンケア方法についてご紹介します。油分が分泌されるメカニズムを理解すれば、夜のスキンケアの重要性がわかるはずです。

油分が過剰に分泌される原因

できることなら、朝は爽やかな肌で目覚めたいもの。朝起きると顔がベタつくという現象は、そもそもなぜ起こるのでしょうか。


まずはそのメカニズムについて説明します。顔の皮膚の下には皮脂腺があり、皮脂と呼ばれる油性の物質を生成しています。皮脂腺は、特に顔と頭皮に集中しています。皮脂腺が生成する油分は、肌に潤いを与え、体の水分が失われるのを防ぐとともに、肌の弾力性を保つ役割を果たしています。一般的に油分を保っている顔は健康なことですが、それが過剰になると、ベタつきなどの問題を引き起こしてしまうのです。

油分が過剰になる原因のひとつに、「皮脂腺の過活動」があります。通常、皮脂腺の活動のピークは昼頃ですが、夜にかけては落ち着きます。寝ている間に皮脂膜が不足すると、表皮から水分が失われ、脱水状態になります。すると、皮脂が過剰に分泌されるようになり、起床時に顔全体に脂が残ってしまうのです。

次に、汗によるベタつきが考えられます。エクリン腺という特殊な腺から出る汗は、皮脂と混ざり合うことで結合した後、その中にさらに脂質や脂肪が追加されます。そうして、顔の皮膚の表面に濃い油分として付着してしまうのです。こちらも脱水症状から身を守るためのものですが、これが過剰に起こっていると、オイリー肌を引き起こすことになります。

また、脂腺増殖症が原因であることも予測されます。皮脂腺肥大症とは、皮脂腺が肥大化し、皮脂が過剰に分泌される状態で、主に加齢によって発症します。
他にも、毛穴の詰まりや洗顔のしすぎ、遺伝的要因、ストレスが皮脂の分泌を増やすことも、油分が過剰に分泌される原因に挙げられています。

オイリーに見えるが、実はインナードライ?

皮脂腺の活動は正常で健康的なプロセスであるため、その活動を止めることはできませんが、軽減することは可能です。日々の習慣から夜のスキンケアまで、顔の余分な油分を減らし、乾燥を防ぐことができる方法をご紹介します。

まずは水を飲む量を増やすことです。皮脂の分泌は脱水から身を守るためのものなので、水分を十分に補給することが、肌の油分を軽減することは理にかなっています。1日に2リットルの水分補給ができれば、十分な水分を摂取できていると言えるでしょう。
また水分補給は、肌に潤いを与え、毒素や細胞の残骸を排出するのに役立ちます。アロエベラウォーターやココナツウォーターは水分補給に優れており、ミネラルや健康全般に役立つ成分を含んでいます。ベッドサイドにコップ一杯の水を置いておくと、のどが渇いて目が覚めたときにも水分補給ができるので、おすすめです。

次に、丁寧な保湿を心掛けましょう。皮脂は、水分を閉じ込めるために体内で作られます。どんな肌質の方でも、保湿ケアは、水分の損失を防ぎ、水分を閉じ込めるのを助ける「皮脂」の役割を果たします。目安として朝と寝る前の1日2回、丁寧に保湿することを推奨します。クリームなどのモイスチャライザーを塗ることは、油分を出させないように働きかけることに繋がります。また、天然成分の保湿剤を選ぶと、肌に優しく、環境にも優しいのでおすすめです。

また、洗いすぎと過度な角質除去を避けることも大切です。特に就寝前は、洗顔のしすぎや不要な角質除去は、トラブルの原因になることも。洗顔は1日2回、起床時と就寝前で十分と言えます。

最後に、食事に保湿成分を取り入れてみましょう。リンゴ、オレンジ、キュウリ、スイカ、トマト、緑黄色野菜など、水分を多く含む野菜や果物は、体や肌の潤いを保つのに役立ちます。

水分をしっかりとるように意識したら、次はオイリー肌に合うスキンケアの選び方!


オイリー肌の改善に役立つスキンケア選び

朝の肌のベタつきや昼間の化粧崩れを改善するためには、体内の水分量をコントロールすることと同じくらい、日頃のスキンケア方法が重要なカギになります。

Step 1:洗顔フォームよりもクレンザーを
オイリーな肌に悩む人ほど、スクラブ入りの洗顔フォームで肌をゴシゴシ洗い毛穴の汚れを取り除こうとしたり、洗浄力の強い洗顔や固形石鹸タイプの洗顔フォームを選びがちです。しかし、これらのタイプの洗顔フォームには合成界面活性剤が含まれていることが多いのです。固形石鹸も洗顔と書かれていても「石鹸素地」が原料のリストにあれば、その石鹸の90%以上は石鹸素地が原料で合成界面活性剤が入っています。ほとんど他の成分は配合されていないか、配合されていてもわずかですので、注意が必要です。合成界面活性剤はタンパク質を必要以上に取り除くので肌にとって重要な皮脂膜まで取り除きます。できれば、肌の弱い人もオイリー肌の人も、洗顔はクレンザーを選ぶことを強くおすすめします。もちろんSnow Fox Skincareはクレンザーで、合成界面活性剤は一切使っていません。日頃の洗顔選びから気をつけてみてください。

Sale Off
クーリング フォーム クレンザー 150ml
5,940 円(税込)
Step 2:シートマスクはオイルフリー
肌を清潔にしたら、すぐにシートマスクを顔へ。これで外気から肌を切り離し清潔な状態を保ちます。毛穴にしっかり美容成分を浸透させることで、毛穴の周りが柔らかくなり少しずつ閉じていきます。同時に、シートマスク選びも大切です。成分をチェックし、油分が少ない、もしくは無いものを選んでください。Snow Fox Skincareのシートマスクは100%オイルフリー。どれを選んでも水分補給に適しています。美容液も25mlとたっぷり入っており、高機能シートマスクとして目的に沿った役割をしっかり果たします。5種類ある中でも、暑い夏におすすめなのが、さっぱりでも速攻保湿できる「アークティック ブリーズレスキューマスク」。肌の火照りも抑えてクールダウンでき、中から肌が潤う感覚が病みつきになります。

Sale Off
アークティック ブリーズ レスキュー マスク
5,940 円(税込)
Step 3:トニックは植物性のものを
ヒアルロン酸や植物由来のグリセリンなどの成分は、軽いのに保湿力があることで知られています。一方、動物性や石油系の油分が入っていると肌にも毛穴にも重たく、化粧水なのに毛穴を塞ぎ、肌トラブルの原因になるので、オイリー肌の方は特に植物性にこだわることをおすすめします。次は保湿剤が配合されていることもしっかりチェックしましょう。一般的に、スキンケア製品に使用されるヒアルロン酸は3種類ありますが、「ハーバル ユース ロータス トニック」に含まれている加水分解ヒアルロン酸は、皮膚に浸透するのに十分なほど小さな要素に分解されたヒアルロン酸です。分子が小さいから角質層に浸透し、肌を奥から潤します。過剰な保湿を避けオイリー肌に悩む人は、とにかく中から潤すことがポイントです。

Sale Off
ハーバル ユース ロータス トニック 120ml
6,600 円(税込)
Step 4:クリーム系よりもジェル状の保湿剤を!
オイリー肌や混合肌で吹き出物や肌荒れができる方は、クリームで毛穴をふさぐ保湿がベストではない場合もあります。そこでおすすめなのがジェル状の保湿剤です。
Snow Fox Skincareのリカバリーセラムは性別関係なくロングセラーとなっているジェル状の美容液×保湿剤です。
2014年の研究で、アロエベラがニキビやオイリー肌の治療に良い保湿剤になると述べられていますが、「リカバリー セラム(キューカンバー)」はアロエベラ葉汁を含んでいるため、まさにオイリー肌にぴったりな軽い保湿剤なのです。

Sale Off
リカバリー セラム (キューカンバー) 30ml
9,900 円(税込)
この4Stepのスキンケアを日頃から実践すれば、肌に余分な油分を蓄えることを避けられるため、翌朝にスッキリとした肌で目覚めることができるでしょう。

ちなみに、逆に化粧崩れしやすいこの時期に是非一度試して欲しいのが「桜&ホワイトティー スムージング マスク」です。
朝の洗顔後に、すぐにこのマスクをつけて20分染み込ませます。このマスクには京都産のソメイヨシノから抽出したカフェイン酸が含まれており、毛穴の引き締め効果が期待できます。そのため、日中の毛穴をコントロールし、くすみと戦いながらも化粧崩れを防いでくれるのです。海外ではグラススキンという異名をもち、イベント前にはセレブも愛用する「桜&ホワイトティー スムージング マスク」。もちろんオイルフリーです。ベタつきが気になる朝は特に使っていただきたいシートマスクです。
このシートマスクをメイク前に使うと、メイク乗りが良くなった、肌がつやつやになったという嬉しいお声をよく頂きます。

Sale Off
桜&ホワイトティー スムージング マスク
5,940 円(税込)

クリーンな肌で朝を迎えるために

朝起きた時の肌が脂っぽくオイリーで、夜は乾燥しがちという悩み。それは、水分補給とスキンケア方法で改善するということが分かりました。
十分な水分補給をすることが、皮脂腺の活動を抑えることに繋がります。そして、適切なスキンケアで顔の皮脂量をコントロールすることで、潤いが保たれた美肌を手に入れることができます。

Snow Fox Skincareのこだわりが詰まった製品で、潤いがあるしっとりとした美肌を目指してみてはいかがですか。

参考文献:

7 Reasons For Having An Oily Face When You Wake Up (And 6 Solutions!)

Why Is My Face Oily When I Get up From Sleep? - Smart Sleeping Tips

https://www.everydayhealth.com/skin-beauty/hyaluronic-acid-definition-benefits-and-the-best-serums/

https://www.medicalnewstoday.com/articles/321090#treatment

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4025519/

関連記事:

Snow Fox Skincareのこだわり成分①アゼロイルジグリシンK

https://snowfoxskincare.jp/blogs/blog/potassium-azeloyl-diglycinate-web

海外で話題の「グラススキン」とは?

https://snowfoxskincare.jp/blogs/blog/glass-skin?_pos=3&_sid=ca63a2a2d&_ss=r